横浜国立大学 成長戦略研究センター ベンチャービジネス部門
logo
image

2015年第12回全国VBLフォーラム詳しくはこちらへ

  

新着情報

2015年06月12日
ボストン・チャレンジ・プログラム参加者を募集

起業を目指す学生、また自らの研究で学際的、国際的広がりを目指す学生を対象として、米国ボストンに1ヶ月滞在し、ボストン市内・近郊にある大学、研究機関、国際機関、ベンチャー企業、ベンチャーキャピタルなどの企業訪問やイベントに参加することでグローバルな視野や考え方を身につけるためのチャレンジを支援するプログラムである。決まり切ったツアープログラムに参加することとは違い自らが企画して海外で新しいことにチャレンジするプログラムである。

2014年05月12日
フェーズⅢの福多佳子氏、北米照明学会賞Section Award 、Award of merit ダブル受賞

VBLが支援する大学発ベンチャー、中島龍興照明デザイン研究所の福多佳子氏(フェーズⅢ)が白水阿弥陀堂紅葉ライトアップを手掛け、北米照明学会賞 Section AwardおよびAward of meritを受賞しました。

2014年04月17日
ビジネスプラン開発支援/大学発ベンチャー育成・支援 公募開始

横浜国立大学成長戦略研究センター ベンチャー・ビジネス部門が行う、「ビジネスプラン開発支援事業(フェーズⅠ)」および「大学発ベンチャー育成・支援事業(フェーズⅡ・Ⅲ)」 に関する公募を行います。

2014年03月17日
「イノベーションと起業(博士課程前期科目)」オリエンテーションについてのお知らせ

日時:2014年4月7日(月)
時間:16:15~19:20
場所:横浜国立大学 理工学部講義棟A-201

イノベーション創出の拠点へ

~起業家型人材の育成と大学発ベンチャーの育成・支援~

横浜国立大学は、実践性・先進性・開放性・国際性の四つの基本精神を掲げ、教育と研究の実績を積み重ねてきました。

成長戦略研究センターベンチャービジネス部門は、こうした基本精神の基、社会や産業のニーズに対応した新規分野に挑戦する精神と問題解決能力を備えた「起業家型人材」を成長段階に合わせて育成しています。

また、シーズに基づくベンチャー支援だけではなく、社会ニーズに対応する大学発ベンチャーを育成・支援し、大学におけるイノベーション創出拠点を目指して活動を行っています。

育成したい人材像

1、新しいビジネスモデルの探求

     日頃から新しい技術の発明やビジネスモデルの構想に高い関心を持ち、社会や産業界のニーズを探求し、これ
     に応えようとするチャレンジ精神旺盛な人材を育成します。


2、社会に貢献できる技術・研究を目指す

     深い専門学識を持ちつつ、自身の学問領域にかかわる技術・研究が、社会や産業の中でどのように貢献できる
     かを理解し、その将来性について幅広く考えられる人材を育成します。


3、問題解決能力の向上

     技術者として問題の本質を的確に発見し、実際の限られた現場環境でも最善な解決策を見出そうとする実務能
     力を有する人材を育成します。

人材像